海外から日本のテレビをリアルタイム視聴する

わたくしオーストラリアに住んでもう結構経ちますが、毎日のように日本のテレビをリアルタイムで見ています。
海外から日本のテレビをパソコンで見るための方法をいくつか知っているので、みなさんに紹介します。


1、確実、安心の自宅設置機器
SLING BOX

http://www.slingbox.jp/
ソニーのロケフリみたいな、日本側に機器を設置してネット回線を通して出先や海外から自宅のテレビを観るサービス。
iPhoneやiPad、アンドロイドにも対応しているので、かなり便利。
機材買って日本で繋げる面倒があるけど、それだけやっちゃえばずっと快適に高画質テレビが観れる
もちろん月額使用料・契約料みたいなものは一切かからない。
tvvv

それに、何故だか無料で視聴できる海外サイトと違って今後見れなくなるかも?って不安がないのがいい。
画質もかなり良いし日本側で設置した際にHDDレコーダーと繋いでるので、リモコンがその機器の本物のリモコンと全く同じデザインで表示される。
tvvvv

何よりも嬉しいのは、そのHDDに録画設定したり、録画した番組を見たり出来る。
tcc

そして、画質が最高すぎる!
スリングボックスの凄いところは、自分のネット環境に応じて自動で画質調節をしてくれるってところ。
オーストラリアは光ケーブルが通ってない場所が多く、未だにADSL2接続を余儀なくされる場合が多いので、不安定なネット環境で画像と音声を途切らせないように自動で調節してくれるこの機能は、本当に便利!
下りのスピードが早く戻れば自動で画質も上がっていくので、手動で調節する手間もないし、いきなりガクンっとスピードが落ちても、なんとか繋ぎ続けてくれる。

これが管理人の家で観れる最高画質
tccc

結構いいでしょ?
スリングボックスは、インターネットでしか買えないのでアマゾンだとこんな感じ。
iPhoneで観るとこんな感じ

接続時
IMG_6205

画質もいいよ
IMG_6206

もちろん、iPhoneからも録画設定や再生もできる。
iOS用再生アプリ

iPhone用プレーヤー


iPad用プレーヤー


ソニーのロケフリと同じで、日本に置いてる自分のテレビを自分で観るって理由付けが付いているので法律的にも全く問題ない、間違いなしの方法です。
インターネットでしか買えないので、アマゾンで本体を買って実家に送りつけて親族に設置してもらおう!!

こっちは最新のコンパクトタイプ


こっちはちょっと古いけど全く問題なく使えるし最新版より安い。


 これから、海外に長期滞在する予定の人は、今から日本側に設置しておくと、海外に来てもネット接続時に直ぐに日本のテレビが見れるようになるから、必要な人は今から準備をしよう。
海外はもちろん、日本国内からも接続できるのでホントにテレビを持ち歩いてる感じになる。
一度SLINGBOXを買うだけでネット使用料以外の余計な月額使用料が掛からないのが本当にいいと思う。
管理人もSLINGBOXを使ってますが、かなり便利です。
オーストラリア在住ですが、スリングボックスが日本のテレビを安定供給してくれるので、朝はNHK、夕方はニュース、夜はバラエティーと、まるで日本にいるのと変わらない状態です。 





2、何故だか無料で日本のテレビも観れる中国語サイト
fengyunzhibo.com

高画質リアルタイムで日本や中国のテレビ番組を無料で直ぐに観れるウェブサイト
ふぇんぎうんずぃぼう、サイト名が中国語過ぎて読めない。。
http://www.fengyunzhibo.com/space/japan.htm
テレビ局名も中国語なので分かりづらいが、慣れると問題ないレベル

tv
画質は無料配信の中ではベストだね。

tvv

このサービスの問題点は、配信が一切保証されないので観たい時にそのチャンネルの配信が停止中の時がある。
それに、やたら高画質過ぎて番組視聴者数が増えるとブチブチ切れだす事かな。
あと、中国語なので勘でテレビ局をクリックする以外は良く分からないので何も出来ないってぐらい。

iPhoneからも観れるテレビ局別リンク(これも勘でやってます)
NHK ←流石に消えたw
BS NHK
NHK教育
日本テレビ
TBS
フジテレビ
BS FUJI
テレビ朝日 
テレビ東京
MBS
テレビ関西?
BS1
J-SPORTS J-SPORTS1 ←メジャーリーグも観れる
BS JAPAN
TOKYO MX ←月曜5時(日本)は、5時に夢中でマツコ・デラックスが面白い。

配信側が止めると404エラーになって表示しない事も多いのでホームページからのアクセスが確実です。
画質が良すぎるので3G回線などからの視聴は、携帯のダウンロードプランなどを確認してから接続する事をおすすめします。
5GBなんて数時間で超えると思います。

注意:ネット環境次第ではクリックしてから再生まで1分掛かることもあります。
結局ここもプレミアム会員になれば色々都合が良くなるんだろうけど、ちょっと遠慮します。





3、画質は悪いがラジオも聞けるソフト

KeyHole TV
日本人が無理やり作って一度訴えられてるけど、なんとか乗り切ったサービス
https://www.oiseyer.com/index3.php
画質はかなり悪いが無料ですぐに見れる。
Keyhole TV 設置方法:ブログラムダウンロード
kht

普通にウインドウズを使ってる人は上記の試聴用 KeyHoleTVをダウンロードしてインストールします。
インストール後にユーザー名とパスワード入力が出てくるので適当に設定します。
そうすると、選択画面が現れる。
kht1
 
あとは見たい番組を探してクリックするだけ

下記は最大化した画面です。
昔は、結構ちゃんと見れたのに現在は音や画質が非常に悪い。
何故かとちょっと調べたらこのサービスプレミアムモジュールってのを有料で提供しているみたいなので、優先的に回線を開いて欲しければ、会員になってね!って事らしい。。
kht3

他にもこのサービスは自分が配信側になれる配信用ソフトの配布もしている。
なんせ、無料だからね。
取り敢えずダウンロードして試してみるのもいいとお思う。







4、いつ飛ぶか誰にも分からない有料サイト 

WIST.TV
多分真っ黒けっけだけど、そこそこの画質で視聴を保証してくれるアメリカに本籍のあるサービス
https://www.wist.tv/
 wist
月額US$29.99で日本のテレビが見放題、レコーダー機能も付いてるので結構便利。
画質は安定的に下り400k以上なら難なく観れるレベルで画質調節機能は無い。
画質は悪くないけど高画質って程じゃない感じなので、オーストラリアの遅いADSL2でも途切れる事が殆ど無い。
この手の月額サービスってのは、テレビ局やJASRACが被害届出せば警察が動いて日本のサーバー拠点に踏み込んでサービス停止って事がよくある。
その瞬間、なんで俺金払ってたんだろ?って気になるのが常。



管理人が経験して知っている日本のテレビを観るサービスは、こんな感じです。
パソコンに出力されたテレビをケーブルを使ってオーストラリアの自宅のテレビに表示することもできるし、マックとアップルテレビをWIFIで繋いでテレビに出力も出来るのでオーストラリアで当たり前の様に帰宅して日本のテレビを見ることが出来る時代になってほんと良かった!

オーストラリアにワーホリで来ている人や語学留学中の人は、英語の上達スピードに影響すると思うので、あまり釘付けになって観ないようにね!!



ブログランキング・にほんブログ村へ

トップページに戻る





このブログが気に入ったら
いいね!しよう
俺的ゴールドコースト観光マップの最新記事をお届けします