現地時間13日夜9時頃フランス・パリ市内で大きな爆発を含む同時多発テロが発生


日本時間 今朝5時頃、フランスの首都パリで同時多発テロが発生したとCNN・ABCなど多くのメディアが報じました。
情報が交錯する中、ニュースサイトなどネット上に上がっている情報をまとめました。

情報元 ABC News CNN News AFP France Skynews

メディア情報によると、現場はパリ市内3ヶ所以上。
  • 第11区のレストランで自動小銃を使用した市民を無差別銃撃事件が発生。
  • パリ北部フランススタジアム付近で自爆テロと思われる大規模な爆発が発生。
  • 市内バタクランコンサートホールにて米国籍のバンドグループが演奏中、テログループによる客への銃撃がはじまり100人規模の人質事件が発生していると考えられ、現在警察と交戦中。バンドの関係者によると会場は1500人規模でチケットは完売していた。
news1

銃乱射・人質事件が起きたバタクラン コンサートホール・ライブ会場
50 Boulevard Voltaire、75011 Paris France


銃撃されたレストラン LE PETTIT CAMBODGE
20 Rue Alibert、75010 Paris France


スタッド ド フランス(サッカー場)
93216 Saint-Denis France


最新のAP通信情報によると7ヶ所とも発表されている。

スタジアムで記録された爆発時の爆音


バタクランコンサートホールの情報について脱出してきた人からの情報によると、『彼らはAK47自動ライフルを所持していて、いきなり無差別に乱射を始めた。マスクなどはしていなく、私が見たテロリストは男性で年齢は20~25歳ぐらい。 声を発したり何かを主張することはなく、黙ったまま、ただランダムに観客を撃っていた。 このような観客に対しての乱射は10分以上続いた。』とメディアに対して答えてます。


CNN News コンサート会場から脱出した人の証言
『イーグルスデスメタル(バンド名)のショーは終わりに近づいていた。
すると突然、後ろから銃声が鳴りだした。
私が振り返ると2~3人のマスクをしていない男たちが入って来た。彼らはAK47(自動式ライフル)で武装していた。そして彼らは観客に向かってランダムに発砲を初めた。皆は床に伏せ危険を避けようとしていたが、同時にパニックに陥っていた。
私達に対しての銃撃は10~15分間の長い間行なわれ、その間犯人たちは何度もリロード(ライフルのマガジンを交換)して私達を撃ち続けた。
私はそのリロードの瞬間を待ち走って隠れるように逃げてきた。
そして、周りの人を助けようとしたが皆パニックに陥っていた。
ライブ会場は1000人ぐらい収容できる規模で満員状態だった。 』


aps

事件現場のひとつにもなったフランススタジアムでサッカーの親善試合を観戦していたオランド大統領は即座に内務省に戻り対応を協議、フランス全土に対し緊急事態宣言を発令し、国境封鎖を決定。
注意:現在、幾つかの航空会社はフランス行きの便のキャンセル手続きを行っています。
cnn1

米国のオバマ大統領は事件発生後、即座に会見を開き『これはフランスのみならず人類への攻撃である』と発言し、フランス政府へのサポート意志を表明。



AP通信によると、現地警察は人質時間が発生しているコーンサートホールへの突入作戦を開始したと報じました。


現在、テロリストと思われる犯人グループからの主張・要求・犯行声明などは確認されていません。

現場情報・死傷者・人質の正確な人数は各メディアが時間ごとに異なった情報を出しているため今後大きく変動することが予想されます。

今朝のヨーロッパ各地の新聞一面


安否確認などで政府の手助けが必要な方はおそらく下記の大使館などで対応してくださると思います。

在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/ 

Australian consulate emergency number is 1300 555 135, if calling from overseas, +61 262 613 305.
 
続報

ブログランキング・にほんブログ村へ

トップページに戻る





このブログが気に入ったら
いいね!しよう
俺的ゴールドコースト観光マップの最新記事をお届けします