レバノンに行く前の子供達のママの言い分ね。
 

悲しいね。

離婚ね。

子供と離れ離れね。

よくある話って言えばそうなんだけど、国際結婚で子供が出来て離婚すると、どっちかがお国に帰ったりすることがあるよね。

んで、この事件はレバノン人の元旦那が休暇だっつって子供たちとレバノンに帰っちゃって、

元旦那「必ず子供を戻すと言ったな、あれは嘘だ。」

ってところから始まるんね。

オージーのお母ちゃん可哀想ね。

まあ、旦那から子供を引き離しても旦那が可哀想だから、誰の肩を持つのが正解なのか謎だけどブリスベンのテレビ局チャンネル9の60ミニッツていう報道番組は、自らが取材したママの方を肩を持ってレバノンまで行っちゃったのね。

『子供たちを救出しよう』つって。

メンバーはオーストラリアでは有名なリポーター、タラ・ブラウンと取材クルー3人。
60mi
http://www.ibtimes.co.uk/lebanon-detains-australias-channel-9-reporter-tara-brown-crew-over-child-custody-dispute-1553742

アーンド、イギリスの子供救出エージェント(なんのエージェントだよ)3~4人。

んで、4月9日ベイルートの監視カメラに移った彼らの“救出行為”がこれですよ。。



こんなん誘拐やん。。

この際に一緒にいた子供たちのおばあちゃんはノックダウンされたらしい。

なんとも暴力的というかなんというか。。

このままエージェントが用意したボートで国外に脱出するつもりだったんだけど敢なく逮捕ね。


レバノンのテレビクルーがオーストラリアで同じことやっても逮捕でしょ?

そりゃ、オージーがレバノンやっても取り敢えず逮捕でしょ。



ちなみに当たり前ですがレバノン政府、この人達にブチキレです。



オーストラリア政府は逮捕されたオーストラリア人の帰国の為に出来ることをすると言ってますが、この子供たちのパパはレバノン政府に口が聞ける程の大物みたいです。。

どうなっちゃうんだろうね。

やっぱり3年ぐらいは刑務所なのかね。

それもそれで可哀想な話だね。

なんだろね。。


どっちが悪者なのかどっちが被害者なのか加害者なのか。。

立ってる位置でぜんぜん違うね。 


一方にとっての正義は、対して立つ者にとっては悪意なんだな。

ホント、世の中って他人の都合で出来てるなって話だね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

トップページに戻る





このブログが気に入ったら
いいね!しよう
俺的ゴールドコースト観光マップの最新記事をお届けします