俺「わかったから大学のレポート書けよ」


Aラン「ああ、勉強の話ジャアリマセンヨ」



俺「んで何よ?」

Aラン「あれなん?日本人の女ってなんなん?アレナニ?経験少ないの?」


俺「。。。はぁ、、ちょっと最初から説明しようか。。」

Aラン「なんかこう、自分から来ないっていうかなんというか。。」

俺「うん、だからあれね、最近サーファーズのナイトクラブで引っ掛けた日本人ワーホリ女とヤリ倒してるんだけど、文化の違いか、なんなのか、疑問があるって話ね?」

Aラン「うんそうそれ!なに?見てんの!?」


俺「いや典型的な話じゃん。 んで、なにがプロブレムなんだよ?」

Aラン「あ、それな、その日本人の女な、なんかベットに寝てるんだよ。」

俺「。。なんだよそれ?そりゃ寝るだろ。」

Aラン「いやだから、なんつーか、そのHの時、自分から何もして来ないっていうか。。

オージーの女ならブチュ!オラッ!カプッ!!Yeah!!みたいな、なんつーか。。」


俺「なんだよそれ、その女がアグレッシブじゃないって言いたいのね?」

Aラン「そうそう、そんな感じ!スゲーいい子なんだぜ!電話も頻繁にしてくれるし、ちっちゃくってカワイイんだぜ! でもなんか、されるがままというか、なんというか。。

俺ちょっと今までそういう女の子経験したこと無いから、よく分かんないんだよね。。」


俺「あ~、あっ!、あ~、そーゆー女の人いるよね。

俺はそいつらの事を日本でなんと呼ぶか知ってるぜ?」

Aラン「マジか、ヤツらは一体なんなんだ!?」






俺「THE ・ MA GU RO.
We call them TUNAだっ!!!」

maguro
http://www.project-u.jp/info-product/?p_act=detail&p_key=22


Aラン「なっ、なんだってええぇえぇ!!?」



俺「ああ、、お前は死んだマグロ、、 そう!デッドチュナに正常位カマしてるんだよ!!! 

想像してみろ!死んだマグロに腕枕して寝ているお前自身の姿をなッ!!!!」



Aラン「くッ、マジか、、 俺とした事が、、、まさか狐につままれていたとは。。」


俺「だ~が安心しろ。 苦しい思いをしたのはお前だけじゃない。。 そう、俺もお稲荷さんのひとりだ。。」

Aラン「O I NA RI 。。。。。ッ!!!まっまさかっ!!!って事は日本ではよくある事なんだな、俺が悪いんじゃなんだな。。」


俺「ああ、お前は何も悪く無い、悪いのは時代、、、いや黒潮だよ。」


Aラン「そうか。。 ならば、恥を忍んでお主にもうひとつ日本人女の事で聞きたいことががるのだが。。」







俺「来い!」



Aラン「な、なんで、日本人の女は下の毛を剃ってないんだ?

オーストラリアの女みんな剃ってんじゃん?だから剃ってないの見ると割りとマジでキモいんだけど。。」





俺「。。 フフッ、、、引っかかったな。。」


Aラン「何ッッ!!??」


俺「あのな、日本でパ〇〇ンなんて普通はポルノの中にしか出てこないんだぜ?

イコールな、モデルでもない限り、全剃り女は風俗嬢、ポルノスター、ヤ〇〇ンだと思われる事があるんだぜ!!

だからな、好きな男性ににそんな風に見られたくない女性は、

ザ・フル ナチュラル、

スーパー ヘアリー ブラック
Zだッ!!」


Aラン「そ、、そうだったのか。。 そう言われてみれば心当たりが。。。 

俺が、、俺が今まで出会ってきたオージー女は全員だらしない女だったのか。。

そんな気がしてきたぜ、おやっさん。。 チッキショウ。。コンチクショー。。。」



俺「分かったか、これが東洋の神秘、Yes Hentai, No Slut, But Yes hair and love again..」

Aラン「クソッ、やっぱりジャパンは遥か海の向こうだぜ。。。

俺君ありがとよ。。 ヤツらの意図が見えてきた。。」


俺「フフ。。 だがな、お前さんよ、ひとつだけ忘れてもらっちゃ困るぜ?」

Aラン「な、何を、、、だ?」


俺「現実なんてそう変わらないのさ。。

想像してみろ、、お前が抱いてるその女は。。






毛の濃い死んだマグロ、そう、
ザ・ヘアリー デッド チュナだッッ!

moguro
https://youtu.be/YNJ61WU_G3Y



Aラン「ぐわあああああああああああああああ!!!!」



Jォ「フフゥゥ~!!」



って話でいいのかねこれホントに

でもまあ超訳してるけど実話ねこれって話でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ

トップページに戻る





このブログが気に入ったら
いいね!しよう
俺的ゴールドコースト観光マップの最新記事をお届けします