an20

もうベッタベタ



Anthony Bourdain No Reservations Tokyo

まとめるとこんな感じ


石の空間を感じ
 an19

茹でたての蕎麦を食べ
an17

剣道を学び
an16

友人のお店で
an15

あんこうを食らい
an14

新幹線に乗り
an13

生花を通して間を学び
an12

飾らない焼き鳥屋で
an11

今まで食べたことないほど美味しく新鮮な鶏肉を
an10

半生で食べ
an09

皮を食らう。
an08


日本の鍛冶職人の仕事を見学し
an07

職人の永遠の探究心に触れ
an06

芸者を楽しみ
an05

世界1位のお寿司屋さんで
an04

出されたお寿司をそのまま食べると
an02

心のなかで花が広がり
an03

完璧な職人技によるお寿司に素晴らしい経験をさせてもらえる。
an01


って感じ。

なんですかこれ。

もうアンソニー・ボーダイン、日本食や古き文化を大絶賛して帰っていきました。


いや、欧米人や他の外国人にとっても

日本の生卵ご飯にぶっかけたり、生の鶏肉食ったりする

『日本のはフレッシュだから大丈夫』

とかいう『誰かが言ってた論』に則った食文化にはビックリするだろうね。

でもアンソニー、半生のチキンや欧米人が『舌触りが大っ嫌い』って騒ぎ出す皮を

『こんなに美味いもの食ったことない』

とか言いながら食ってたよね。

スゴイねあの焼鳥屋さん。





さて、


ワタシの目の前に

お通しと
IMG_3104


生ビールと
IMG_3105


生の鶏肉オンパレードです in JAPAN。
IMG_3106

もうなんですかこれっていう、
IMG_3109


なんだろね、この『日本のは大丈夫』っていう不確かな言い訳。

まあ、美味いし腹も壊れないから良いんだけどね。

いやもうホント美味いね。


世界のグルメも唸る日本の食文化。

そりゃアンソニーもご機嫌で帰っていくわけだね 。

って訳で、あれだね。

日本食の為に日々頑張ってるすべての皆さん

みなさんの今までの日々の努力のお陰で今日本食が世界で認められてるんだとおもます。

俺なんもしてないけど、なんか、、

ありがとうって話でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

トップページに戻る





このブログが気に入ったら
いいね!しよう
俺的ゴールドコースト観光マップの最新記事をお届けします