オーストラリア政府は2017年4月17日に今まで移民希望者の永住権ビザへとつながる就職ビザとして用意されていた457ビザを廃止し、新たにTSSビザという就職ビザへ2018年3月までに移行します。

オーストラリアの永住権

今までの457ビザはオーストラリアで3年以上の就職経験を経て永住権ビザの申請が可能だったが、新しく新設された就職ビザTSSでは短期(Short-term)と中長期(Medium and Long-term)のふたつの職種リストに分かれています。

短期のShort-term Skilled Occupation List (STSOL)に記載されている職種でオーストラリアでの就労ビザTSSを取得することまでは可能だが一度延長できるのみで永住権申請の際のポイントにはならないとのこと。

しかし中長期熟練者のMedium and Long-term Strategic Skills List (MLTSSL)に記載されている職種は最大4年までのビザの取得が可能で実際には3年目でIELTS・英語試験などの他の必要ポイントを押さえていれば永住権の申請をする事が可能です。
http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/news_visa_457abolish.html


 
このなかにあなたの職業があるか探してみよう。
 
中長期戦略戦略リスト(MLTSSL)
Medium and Long-term Strategic Skills List
Google自動翻訳済み

建設プロジェクトマネージャー
技術管理者
託児所マネージャー
看護臨床ディレクター
一次医療機関
福祉センターマネージャー
会計士(一般)
管理会計士
税務会計士
外部監査人
内部監査人
保険証
土地経済学者
評価者
建築家
風景建築家
測量人
作図者
他の空間科学者
化学技術者
材料エンジニア
土木技師
土木技術者
数量測量
構造エンジニア
輸送エンジニア
電気技師
エレクトロニクスエンジニア
産業技術者
機械工学士
生産またはプラントエンジニア
航空技術者
農業エンジニア
バイオメディカルエンジニア
エンジニアリング技術者
環境エンジニア
海軍建築家
農業コンサルタント
農業科学者
フォスター
医学研究所の科学者
獣医
物理学者(医学物理学者のみ)
幼児期(小学校前)の先生
中学校の先生
特別なニーズの先生
聴覚障害者の先生
視力障害の先生
特別教育教師(nec)
医学診断ラジオグラフィ
医療放射線療法士
核医学技術者
ソノグラファー
検眼専門医
矯正医または補綴師
カイロプラクティック
骨粗鬆症
作業療法士
理学療法士
足病院
聴覚医
音声病理学者
一般開業医
専門医(一般医学)
心臓病学者
臨床的な血液学者
医学腫瘍学者
内分泌学者
胃腸科医
集中治療専門医
神経科医
小児科医
腎薬専門医
リウマチ学者
胸部専門医
専門医(nec)
精神科医
外科医(一般)
胸腔鏡外科医
神経外科医
整形外科医
耳鼻咽喉科医
小児外科医
再建外科医
泌尿器科医
血管外科医
皮膚科医
救急医療専門家
産科医および婦人科医
眼科医
病理学者
診断および介入放射線技師
放射線腫瘍医
医療従事者(nec)
助産婦
看護師
登録看護師(高齢者ケア)
登録看護師(児童および家族の健康)
登録看護師(地域保健)
登録看護師(重大なケアと緊急事態)
登録看護師(発達障害)
登録看護師(障害およびリハビリ)
登録看護師(医療)
登録看護師(医療行為)
登録看護師(メンタルヘルス)
登録看護師(周術期)
登録看護師(外科)
登録看護師(小児科)
登録看護師(nec)
ICTビジネスアナリスト
システムアナリスト
アナリストプログラマー
開発者プログラマー
ソフトウェアエンジニア
ICTセキュリティ専門家
コンピュータネットワークとシステムエンジニア
電気通信技術者
通信ネットワークエンジニア
弁護士
弁護士
臨床心理学者
教育心理学者
組織心理学者
心理学者(nec)
ソーシャルワーカー
土木工学草案者
土木技術者
電気工学草案者
電気工学技術者
無線通信技術者
通信フィールドエンジニア
電気通信技術職員または技術者
自動車電気技師
モータメカニック(一般)
ディーゼルモーターメカニック
オートバイの整備士
小型エンジンメカニック
板金貿易労働者
金属製作者
溶接機(ファーストクラス)
フィッター(一般)
フィッターとターナー
フィッター - 溶接機
金属工作機械(ファーストクラス)
錠前屋
パネルビーター
レンガ層
石工
大工とジョイナー
大工
ジョイナー
絵画貿易労働者
グレイアウト
繊維質プラスター
固体陶器
壁と床のタイル
配管工(一般)
空調および機械サービスの配管工
排水器
ガス供給業者
屋根配管工
電気技師(一般)
電気技師(特別クラス)
リフト整備士
空調および冷凍機械
技術ケーブルジョイント
電子機器取引労働者
電子機器取引労働者(一般)
電子機器取引労働者(特別クラス)
シェフ
キャビネットメーカー
ボートビルダーと修理業者
船長

以上

上記の中の職種で最低3年以上の職務経験や免許を有していてIELTSで最低でもALL6OVERで申請時に45歳以下であることと、厳しい雇用条件を飲んでくれる雇用主を見つければ永住権っていう無理ゲー化しているのが分かります。

参照元(Via:Google翻訳)
https://www.legislation.gov.au/Details/F2017L00834
http://www.border.gov.au/Trav/Work/Work/Skills-assessment-and-assessing-authorities/skilled-occupations-lists/combined-stsol-mltssl

幾つかの職業に関する条件の要約
特定の職業には、特定の状況で職業の使用を除外する警告があります。
http://www.border.gov.au/Trav/Work/Work/Skills-assessment-and-assessing-authorities/skilled-occupations-lists/caveats-on-occupations


まあ、簡単に言うと猛勉強でもしない限り田舎暮らしの地方雇用ビザで就職するしか就職で永住権につなげるのは厳しいっぽいっぞ最近のオーストラリアって話ですかね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

トップページに戻る





このブログが気に入ったら
いいね!しよう
俺的ゴールドコースト観光マップの最新記事をお届けします