Gンさん『いやだから一緒にバトルフィールド1やろうってっええぇぇぇ!!』



俺『だから、PS4高いでしょ?そんな金無いよ。』

G『1テラなら500ドルぐらいであるからっ!!!』

俺『ああ、もうしょうがねえなぁ~』



電話『ピポピポピポパポ...

ガチャ!』

俺『おーい、ボス。元気?』

R『おーい、どうしたよ、元気だよ!元気かよ?』

俺『元気元気。元気過ぎるので、ちょっと僕に仕事を下さい。』

R『余裕余裕、え~っと~、今週末開いてる?』

俺『パッカパカです。』

R『おkおk、じゃあ朝から手伝えってよ。また金曜の夕方に連絡するね。』

俺『合点承知乃介座衛門、産休部理抹茶!』

はい。

こんな感じで、余計なお金なんかびた一文持ち合わせていないマイセルフ。

友人とPS4でFPSゲームをする為の余計なお金を作る為に、とあるオーストラリアの企業で土日の2日間、ペロッとアルバイトをしてみました。

■んで、これがその土日2日間の俺の給料明細(見せちゃう)です。
wages1

土曜日の時給が32.01ドル(2700円)
日曜日の時給が41.15ドル(3500円)...

でもまあ、職種は伏せますが、俺が出来る仕事なんで誰でも出来る仕事です。

会社は法律上の最低時給しか支払いません。

ですがありがとう、オーストラリア!

ありがとう!どこかの誰かの労働組合!!

オーストラリアの最低時給(法定時給)世界トップレベルに高いワケですが、土日などの休日出勤にはペナルティーと言って普段の時給より更に時給が高くなります。

なので無能まっしぐらの俺でも週末の2日間を潰して最低時給で働くだけで、手取り483ドル(4万円)を稼ぐことが出来ます。



しかし... 500ドルのPS4とソフト代って考えると少し足りません....

最近のおもちゃは高すぎです..


はい電話です。

俺『ボス!ちっす!オラ悟空!!』

R『おお~GOKU~、分かるよ~仕事な~?う~ん、オーストラリアンデー(祝日)空いてる?』

俺『もう、抱いて』


■祝日の時給が50ドル(4250円)を超えるオーストラリアのアルバイト代の給与明細がこちら
wages

はーい、はいはいありがとう選挙管理委員会。

祝日は更に時給が高いので、たったの8時間半でお給料324ドル(3万円)になりました。

一体どこの誰がこんなふざけた法律を決めたのか知りませんが、オーストラリアでバイトが祝日に出勤すると、時給50ドル超えます。

もちろんこの時給は地域や職種、勤続期間などにより変動があるので全部の職種が時給50超えるわけではないのでしょうが、祝日に俺を8時間半拘束したら会社のコスト4万円ってすなんですかコレ?

いくらなんでも人件費高すぎます。

そりゃあ、トヨタもオーストラリアでの製造を諦めるわけです。


んで、シドニーでは今、既に平均年収1000万円を超えている鉄道の運転手達の労働組合が今後4年で更に6%賃上げしろとか言い張って何度もストライキを起こして、しょっちゅうシドニーの交通網を麻痺させてます。



そりゃあ、労働者にとって時給が高いのはいい事ですが、回り回って物価も高いです。

インフレですインフレ。

そして何よりも所得税が高いです。

もう、や〇ざです。

今回も俺の1100ドルの稼ぎから300ドルも税金で持ってかれました。

まあ何でもいいですが、お陰で俺は3日間のアルバイト代で807ドル(7万円弱)ゲットしたので、PS4とソフトが買えそうですっていう、オーストラリアのリアルな労働時給の話でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

トップページに戻る





このブログが気に入ったら
いいね!しよう
俺的ゴールドコースト観光マップの最新記事をお届けします