pdog


空は青

信号は緑

右折すれば、そのまま高速道路っていうこの交差点で、俺の前の車2台が進まない。



さっきから🚥緑なのに進まない

と思ったら、

茶色いプードルさん、交差点の左から来て右に向かって横断中の様です。


はい、完璧迷子です。


もうね、

『うわわわわわ』ってのが顔に出てんの。


でも、たぶん家犬だからかね?

育ちがいいからかね?

この状況をなんとかしようと必死に走っているこのプードルさん、

跳ね走り的な上品なピョンピョン走りで周りの車から逃げまわってんの。

迷子の挙句、現在命掛かってんのに効果音がピョンピョンピョンなの。

やっぱりアレだね、

『わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい』って言ってたハムは正しいね。



そして、それを助手席から見つめるワーホリのDイさん

『あ~、犬っすね~』


動き出した俺の車に合わせ、現在右折中の

『ですね~』


んで、俺が右折をしきると

何故だかプードルさん俺の目の前を真っすぐ高速に向かって走ってる。

俺、車のハザードを点ける。

もうね、

小走りしてる犬の横顔が、

『マックスヤベエよ‼、家何処だよ‼』

って顔なの。

でもまあ、そりゃそうです。

それに、犬が逃げてるこの先がM1高速道路なんで本人のせいだけど、これから更にマックスヤバくなります。


Dイさん『これヤバくないすか?』

俺『ですね、じゃあ道止めちゃいますけど、降りて協力いいですか?』

D『はい、いいっすよ』

んな事言ってると、犬だけ2車線の左側を走り出したので、俺ら右から抜く。

んで、犬の10メートルぐらい先まで行って路肩に止めて、車を降りる。

後ろを見ると、こっちに向かってくるプードルさん。


それに立ちはだかる怪しいアジア人男性(今日は2名)

それを見て更にビビるプードル。

それを見守る車の中のオーストラリア人達。

現在ココ。



俺『☜向こうでしょ?』ビシッ!

🐕『テーッス!』キュイン!

犬さん来た道を引き返して行きました。


俺どうせ足遅いので逃げる犬を確保はできませんが、高速本線まで行かなたっかだけ良しとします。


はい、というワケで、

今日の昼前にツイードの高速の入り口で両車線を封鎖して犬に日本語で話しかけていたおっさん。

あれは俺です。


クラクションも鳴らさずに止まってくださった大勢の皆さん、ご協力ありがとうございました。

文句は、Dイさんに言ってください。

って話でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

トップページに戻る




このブログが気に入ったら
いいね!しよう
俺的ゴールドコースト観光マップの最新記事をお届けします