いやいや、ふと思ったんだけどさ

この前俺自身が、『WiFi管理者や悪質な侵入者が閲覧しようとすれば、そのWiFiを通過する画像や情報を盗み見る事は可能だって話』をしたじゃないですか?

WIFIの危険性

んで、外からのハッキング行為は違法だけど、会社が自身で行っているネットワーク管理は普通の事じゃないですか?

まあ小さい会社だったりすると、むき出しのモデムが棚にあって、緑のLEDがピコピコいってて管理者なんて居ないだろうけど、
Modem

ちょっと大きな会社だったり、他の支店があったりする会社って、ラックサーバーが置かれてたりするじゃないですか?
会社のサーバー

んで、このサーバーが本店に繋がっててみたいな。

んで、その本店に『監視を仕事としているネットワーク管理者さんが居たら俺ヤバくね?』って話です今日は。

まあ、それが気になるなら、自分の個人的なスマホは会社のWiFiに接続しないのが一番いいんだけど、スマホのダウンロード制限だなんだで、『仕事場ではWiFiでネットしたい』とかあるじゃないですか?

エ〇チなサイトやエ〇サイト見てると、尚更そう思うじゃないですか??

ですが、その行為、よくよく考えたら結構危険な行為かもしれません。

会社側からすれば、ネットワーク内の端末がトロイなどのウイルスを引っぱってきたら、たまったもんじゃありません。

Troysandroid

なのでネットワーク管理者にとって、ネットワーク内でどんな情報が行きかってるかという確認は普通ちゃー普通なのかもしれません。

はい。

さあ!ヤバいです!

というワケで、会社のネットで、ロクでもないサイトを閲覧している人は、とっとと自分のスマホにVPNアプリを入れて通信内容を暗号化しましょうって話です。

VPN通信で暗号化された通信情報は、接続しているWiFi管理者から確認する事は出来ません。
VPNによる暗号化

WiFi接続はプライバシーにとって危険か?

まあ、危険と言えば危険です。

普通に考えて自分の家の外のWiFiは、全て他人の所有物です。

有料だろうが無料だろうが他人様のものなので、その管理をどのようにするかはその人達の自由です。

んで、たとえ会社でWiFiに繋がなくてもカフェとかで、

『あ、ここ無料WiFiある!』っつって接続した先が、

悪質なハッカーが提供している偽物のWiFiだったりすることも海外だとよくあります。
hackwifi1

こうなってくると通信内容、全部逝かれて当たり前状態です。

それでもまあVPN通信をしていれば暗号化されているので安心です。

はい。

んで、じゃあどのVPNにすればいいんだよ?って話ですが、散々色々試した結果、俺のオススメは自身も先週から利用している世界VPNです。



このサービスは無料お試し期間後、月々1000円+消費税で利用できます。

値段だけ詰めれば更に安いサービスや無料のサービスもありますが、安心感と利便性を考えると断然ここがおすすめです。

なんたって、このサービスなら、自分のiPhoneやPC、MACやアンドロイドスマホまで同時に暗号化接続が可能で、月々たったの千円ちょいです。

んで、俺みたいに海外に住んでいると『VPNで日本のIPアドレスを借りてネットが出来る』というのは更に大きな恩恵をもたらします。

TVgaia

んで、それが自分の持っている全てのデバイスで利用できて、この値段は安いって話です。

っとまあ、こんな感じです。

相変わらず話長くて、ややこしくなってきたのでまとめます。

もしも、あなたが、

・WiFi管理者に筒抜けのブラウジングを暗号化して隠したい。
・海外から日本のIPアドレスを借りて、日本国内の様にネットブラウジングしたい。

と思っているなら、VPN通信を使って解決しましょう!

日本に融通の利く実家などがある人は、そこに自前のVPNサーバーを設置することも可能ですが、今すぐVPNで快適インターネットを始めたいなら、無料お試し期間最大2か月のセカイVPNが断然おすすめです。



俺もここしばらく自分のiPhoneにセカイVPNのアプリを入れていますが、このアプリには自動接続機能が付いているので、
AUTOVPN

放っておいてもずっとVPN接続のままなのが、忘れっぽい俺には有り難いです。
VPN


っとまあ、こんな感じです。


はい。

2回連続でVPNの話をしているので、そろそろこの話を止めますが、もしも上記のような事が気になるなら、インターリンク社が提供するお試し無料のVPNサービスで、ちょろっと試してみるのも良いかもよ?



おすすめです。

って話でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ


トップページに戻る



このブログが気に入ったら
いいね!しよう
俺的ゴールドコースト観光マップの最新記事をお届けします